介護士が仕事で活躍する条件

少しの行動力と小さな意識が大きな変化に

よく「気付く」ことが大事な介護士

職種別で見る「デキる人」の特徴とは? よく「気付く」ことが大事な介護士

介護士という職種において仕事が出来る人とはどのような人なのかと考えた場合、利用者目線で考えると、優しくて協力的な介護士が仕事が出来そうと考えることが多いですが、実際には少し異なってきます。優秀な介護士にはどのような要素があるのかを、実務を考えながら紹介します。仕事で活躍出来る介護士を目指して実際に現場で働く上で大切なことを実践してみてください。

ホウレンソウ

ホウレンソウ

介護士として、というよりも社会人としてとても大切なことにホウレンソウがあります。報告・連絡・相談の3つですが、介護士にはさらに大切です。介護はチームワークで成り立つ仕事ですので、介護士として周りとの連携を図っていくためにとても重要です。

気付くこと

気付くこと

気付くことの大切さもどの仕事でも共通して重要ではありますが、医療業界・福祉業界では更に重要といえます。早朝に何かしておかなければならないことに気付くことによって、徐々に仕事が詰まってくる夕方に忙しさから忘れてしまうなどのミスを防ぐことが出来ます。
また、利用者に対しても今後起こり得る危険なことを未然に防ぐことも出来ますし、早い段階で処理することが出来ます。気付くことを大切にしていくことで、利用者も安心して安全な利用をすることが出来るので、気付く能力は介護士として活躍するために大切な能力です。

記録の正確さ

記録の正確さ

時間が経つことによって記憶が曖昧になってくることは人間としてしょうがないことです。大切なことは記憶が曖昧になっても問題ない環境を作っておくことです。記憶が曖昧になっても問題ない環境作りには、記録に関する能力がものをいいます。人から人へと情報を伝える介護の仕事において、実際にみた事実を正確に記録することは重要です。正確な記録をつける能力があるということは、利用者の生活を誰が見ても理解出来ることにつながります。一緒に働くことを考えると記録する能力が高い人の存在がとても有用であることがわかります。

安定した精神面

安定した精神面

どんな仕事をしていても私生活というのが存在します。そして私生活で何があったとしても仕事は仕事として割り切って働かなければなりません。しかし、私生活に影響されて態度が変わってしまったり、人に対してぶつけて解消するような人が中にはいます。そのような私生活に振り回されて機嫌がコロコロと変わってしまう人とは連携が取りづらいですし、利用者からの信頼度が下がってしまうことにもつながります。介護士という仕事の特性上、連携を取ることと利用者との信頼関係を大事にすることの両面で安定した精神を持つことは大切です。

仕事のモチベーションに悩んでいるあなたに

  • デキる人は他の人より目立つ特徴がある!
    デキる人は他の人より目立つ特徴がある!

    デキる人というのは共通して持っている特徴があります。職場で優秀な人材として求められるために、共通している特徴の中から実践出来るものを真似してみましょう。詳細へ

  • 正確さを求められる看護師
    正確さを求められる看護師

    仕事が出来る看護師の特徴にはどのようなものがあるかご存知でしょうか。看護師にフォーカスして優秀な人材の特徴を紹介していきます。詳細へ

  • 転職でキャリアアップも狙おう!
    転職でキャリアアップも狙おう!

    現場で身に着けたい知識や技術を学ぶことが出来る職場へと転職することでスキルアップをする方法があります。転職エージェントに相談してリスクを減らした転職をしましょう。詳細へ

カテゴリー