検査の向こう側の患者さんを想像できる臨床検査技師

少しの行動力と小さな意識が大きな変化に

分析力と協調性が求められる臨床検査技師

職種別で見る「デキる人」の特徴とは? 分析力と協調性が求められる臨床検査技師

臨床検査技師という職種において大切なのは、検査が正確に行えるスキルであることは言うまでもありません。それに加えて、周囲から信頼されつつ活躍するには、どのような資質が必要なのでしょうか。臨床検査技師の業務内容や関わる人々に目を向けて考察していきます。

分析力と鋭い感覚

分析力と鋭い感覚

臨床検査技師が担う業務は、血液や尿、細胞組織などを検査する検体検査と、脳波や心電図のように直接患者を検査する生体検査があります。これらの検査から出されたデータは、病気の早期発見につながったり、治療方針を定める材料になったりするので、正確な検出が必要です。患者さんのためにも間違いのないデータを出さなければならないため、専門知識はもちろん化学や数学をベースにした分析力も大切だと言われます。また、表面の数字だけにとらわれるのでなく、データの推移に何かが隠れていないか、検体や検査機器が異常をきたしていないか、患者さんの体に異変が起こっているのではないか、という鋭い視点と感覚も大切です。さらには、データの向こう側には、患者さんやその家族かいるという認識力も大きな意味を持ちます。検査やデータ分析を画一化に行うのでなく、人間という体温のあるものとして向き合う姿勢がより研ぎ澄ました感覚を育むでしょう。

探求心や向上心

探求心や向上心

医学や技術は、日々目をみはるほどのスピード進化しています。臨床検査の分野においても同様で、新しい医療機器や検査方法が多数創出されています。臨床検査技師として活躍するには、それらを正しく扱ってより精度の高いデータを出すことが求められるでしょう。そのためには、新しい事柄に対して常に探究心をもって向かい合うことが不可欠です。また、進化や変化に対して柔軟に対応しよう、知識を得ようとする積極的な姿勢も大きな意味を持ちます。つまり、医療情報を早く正しくキャッチできるよう普段からアンテナを高くもち、専門分野を極めていこうとする心がけは自らを成長させるだけではなく、医療業界への貢献にも繋がると言えるでしょう。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力

臨床検査技師というと、デスクワークが多く黙々と一人で検査を行うイメージがあるかもしれません。しかし実際は、医師や看護師、そのほかの専門職、患者さんと関わることが多くあります。例としては、近年主流になってきたチーム医療、患者と接する生体検査などが挙げられるでしょう。また、臨床検査技師は、治験コーディネーターとして製薬会社や医療機器メーカーに勤務することもあります。このようなシーンや職場においてスムーズに業務を遂行するためには、周囲との意思疎通は欠かせません。つまり、臨床検査技師として活躍するには、他者との協調性やコミュニケーション能力が必要だと言えます。

仕事のモチベーションに悩んでいるあなたに

  • デキる人は他の人より目立つ特徴がある!
    デキる人は他の人より目立つ特徴がある!

    デキる人というのは共通して持っている特徴があります。職場で優秀な人材として求められるために、共通している特徴の中から実践出来るものを真似してみましょう。詳細へ

  • 正確さを求められる看護師
    正確さを求められる看護師

    仕事が出来る看護師の特徴にはどのようなものがあるかご存知でしょうか。看護師にフォーカスして優秀な人材の特徴を紹介していきます。詳細へ

  • 転職でキャリアアップも狙おう!
    転職でキャリアアップも狙おう!

    現場で身に着けたい知識や技術を学ぶことが出来る職場へと転職することでスキルアップをする方法があります。転職エージェントに相談してリスクを減らした転職をしましょう。詳細へ

カテゴリー