看護師の仕事で活躍するなら

少しの行動力と小さな意識が大きな変化に

正確さを求められる看護師

職種別で見る「デキる人」の特徴とは? 正確さを求められる看護師

一概に仕事が出来る人といっても営業が出来る人、ミスが少ない人、リーダーシップがある人など、様々なものがあります。職業も同様に、看護師という職業において仕事が出来る人の特徴があります。看護師として忙しく働きながらミスを連発して先輩から怒られてしまう人は、仕事をする上で仕事に対する基本の姿勢は出来ていますでしょうか。注意を受けてしまったり、ミスを起こしがちな人には共通点があります。逆に仕事が出来る有能な看護師にも共通点があります。活躍することの出来る看護師を目指して、仕事が出来る看護師の特徴から学びましょう。

メモを取る能力

メモを取る能力

優秀な看護師として活躍している人は、きっとメモがとても上手です。ベテランの看護師で活躍している人でも、メモを取りながら仕事をすることもあります。逆に新人の看護師に見られがちなのがメモを取っていなかったり、メモの取り方が下手という点です。まずメモを取っていないという人はそもそも論外ですので、活躍したい人はメモを取りましょう。メモの取り方にはコツがあります。メモを取る意味を考えることと、なぜその作業をするのかを考えることです。自分が今している作業の意味を知ることによって、メモを取るべき箇所がわかってきます。
メモを取るべき箇所がわかったのであれば、次はメモで予習復習を行なっていきます。一度聞いたことはあるがわからなくなってしまった仕事はすぐに聞くのではなく、メモを取った内容を参照して自分でまずはやってみましょう。メモを見て自分は何をするべきなのかを把握します。実際にメモを見ながらやってみてわからないところがあれば聞きたいことをメモします。そしてわからないところの回答をしっかりとまたメモして復習していきます。メモをしっかりと活用することで、覚える姿勢があることも周りの人たちに伝えることができます。

恥ずかしがらないで聞く

恥ずかしがらないで聞く

優秀な看護師は聞くことを恥ずかしがらないということを覚えておきましょう。新人の頃はメモを取っているだけで随分覚え方が変わりますし、自分のメモが完成されれば問題なく自分で仕事をテキパキとこなしていくことが出来るはずです。慣れてきた頃で注意して欲しいことが「聞かない」という行為です。
仕事に慣れてきてしまったこともあり、わからない箇所を聞くのが恥ずかしいと思ってきてしまう時期があります。そしてこのわからない箇所を放っておくとどんどん聞きづらくなってしまいますし、我流なのでとても効率が悪かったりしてしまいます。仕事が出来る優秀な看護師にいち早くなりたいのであれば、わからないところはわからないとまずは認めるところからです。そしてわからない箇所は恥ずかしがらずに理解出来るまでしっかりと聞いて仕事を進めましょう。

仕事のモチベーションに悩んでいるあなたに

  • デキる人は他の人より目立つ特徴がある!
    デキる人は他の人より目立つ特徴がある!

    デキる人というのは共通して持っている特徴があります。職場で優秀な人材として求められるために、共通している特徴の中から実践出来るものを真似してみましょう。詳細へ

  • 正確さを求められる看護師
    正確さを求められる看護師

    仕事が出来る看護師の特徴にはどのようなものがあるかご存知でしょうか。看護師にフォーカスして優秀な人材の特徴を紹介していきます。詳細へ

  • 転職でキャリアアップも狙おう!
    転職でキャリアアップも狙おう!

    現場で身に着けたい知識や技術を学ぶことが出来る職場へと転職することでスキルアップをする方法があります。転職エージェントに相談してリスクを減らした転職をしましょう。詳細へ

カテゴリー