仕事で活躍する薬剤師の特徴

少しの行動力と小さな意識が大きな変化に

多くの知識が必要な薬剤師

職種別で見る「デキる人」の特徴とは? 多くの知識が必要な薬剤師

薬剤師で仕事が出来る、有能といわれる人にはどのような特徴があるかをご存知でしょうか。薬剤師として仕事が出来る人の特徴を知ることで、どのような知識をつけていくべきなのかといったことがわかるはずです。そして今後薬剤師として活躍していくことを考えた場合、これらの特徴を把握しておくことはとても大切です。薬剤師として活躍するために、仕事の出来る薬剤師の特徴を紹介します。

正確な専門知識

正確な専門知識

薬剤師に求められる仕事は幅広く、どのようなものを学んでいくべきか迷う方も少なくありません。しかし、薬剤師として最も大切なスキルはやはり正確な専門知識を持っているかどうかです。その仕事の幅広さと求められる知識の量からなかなか身に着けることが難しいですが、優秀な薬剤師と専門知識の量は比例します。しっかりとメモを取って予習復習の反復で覚えたり、知識を分類して整理するといった情報の引き出し方と管理能力が重要です。

実務経験も大切

正確な専門知識

大学では薬学を学んで薬に関する基本的な知識を身に着けていきますが、薬剤師国家試験では使える知識でも現場ではあまり使えるとはいえません。実務経験を積むことが優秀な薬剤師として活躍するためには必須です。
医療業界全般に当てはまることですが、人手不足がまだまだ問題視されている薬剤師ですので、実務経験がなくても採用されることは多いです。しかし、現場で実務経験を積んでいる薬剤師と実務経験の乏しい新米薬剤師を比べるとはっきりと実力差が出ます。現場での苦労の経験がなければ頼りある優秀な薬剤師になることはできません。

聞き上手

聞き上手

仕事の出来る薬剤師の特徴には話し上手よりも聞き上手であることが多いです。もちろん話し上手であることに越したことはありませんが、聞く能力の方がより重要です。薬剤師は調剤依存から脱却しようとする患者さんの薬物治療に深く関わります。よって、患者さんが話し終わるまでは相手はどのような要望があるかに耳を傾け、患者さんが伝えたい真意はどこにあるのかを理解出来る人は優秀です。

わからないことを認める

わからないことを認める

薬剤師として何年働いていてもその扱う知識の幅広さと奥深さから、自分の頭の中の知識だけで働くのはとても難しいです。そのため、しっかりとわからないことはわからないと割り切れる薬剤師はとても優秀です。ぼんやりとした曖昧な知識に頼るのではなく、信頼出来る情報元から情報をひっぱり出す能力は重要です。仕事が出来る薬剤師は自分のメンツや恥ずかしいなどの感情を気にせずに、患者さんのことを考えてわからないことを認めることが出来ます。

仕事のモチベーションに悩んでいるあなたに

  • デキる人は他の人より目立つ特徴がある!
    デキる人は他の人より目立つ特徴がある!

    デキる人というのは共通して持っている特徴があります。職場で優秀な人材として求められるために、共通している特徴の中から実践出来るものを真似してみましょう。詳細へ

  • 正確さを求められる看護師
    正確さを求められる看護師

    仕事が出来る看護師の特徴にはどのようなものがあるかご存知でしょうか。看護師にフォーカスして優秀な人材の特徴を紹介していきます。詳細へ

  • 転職でキャリアアップも狙おう!
    転職でキャリアアップも狙おう!

    現場で身に着けたい知識や技術を学ぶことが出来る職場へと転職することでスキルアップをする方法があります。転職エージェントに相談してリスクを減らした転職をしましょう。詳細へ

カテゴリー